• 週日. 5 月 19th, 2024

【古代風水説】李朝邑集落にみる風水地理説の影響 |意味や使い方 |ふうすいせつ |

By風水 玄學

4 月 2, 2023

…そのコースを〈地脈〉という。風水説では,この地脈を〈竜〉とよび,そのなかでも生気のわだかまる所をに〈穴〉とよび,そこに墓を営むと生気が死者の肉體を媒介にして子孫に感応し,その家は栄えるという。このように大地は,気というエネルギーに充たされた,一個のな生命體と考えられていたのである。…

…ここに,東方にの活力と聖性を認める彼らの世界像と住居構成のつながりの一つを見ることができる。インドにおいて,住居から都市までその建設の指針とされてきたシルパシャーストラ(《マーナサーラ》)や中國の風水説では,住居をミクロコスモスと考え,人體とも対応する宇宙(マクロコスモス)を反映するしかけとして説いている。無文字社會においても,バリ島やアイヌの住居に見るように,海と山,天と地,あるいは川上と川下といった方向軸に沿った民俗方位が発達し,住居はそこで世界の中心として位置づけられ,コスモス・イメージ(宇宙像)を演出する場となる。…

…個々の墓地の選定に関しては,《孝経》喪親章に〈其の宅兆を卜(ぼく)してを安措(あんそ)する〉と言明されているように,に佔われた。そして,後漢の袁安のな話に代表されるように,やがて墓地の位置と子孫の繁栄を結びつける風水説が生まれ,墓地に対する人々の関心をいっそう強くした。風水の言葉からもわかるように蔵風得水する場所がまれ,墓地としては前に水が流れ後ろに山を控えた地形が理想とされた。…

延伸閱讀…

風水説(ふうすいせつ)とは? 意味や使い方

風水

…そのなかで,火田(焼畑)の伝統を有したむらはい山間部にあり極端な散村形態を示す點でユニークな存在である(火田民)。むらの立地面でもかつては風水(風水説)が村人の生活の隅々を左右するものとして重視され,背山臨流や蓮花浮水型などの地を選んだといわれ,またむらに災害や伝染病が続いたりした際に風水上の支障があると判定されたためむらを移したという伝承も多い。あるいは風水上の欠點をカバーするためむらの境に立石や石積みの塔を築いたり樹木を植えたりすることもあり,ときにはこれが,隣むらとの紛爭の種となることもあった。…

延伸閱讀…

李朝邑集落にみる風水地理説の影響

風水説に お ける理念の 考察

なお、玄空派は奇門遁甲の門派であり、の『奇門遁甲天書』を伝承する、というが、『地理辨正折義』によれば玄空派の風水理論が奇門遁甲を「主地」としてに発展したものである。玄空派の祖とされる蔣大鴻(1616-1714)の『地理辨正』を注釈した『地理辨正折義』に、蔣大鴻の名な弟子である姜堯章による注釈があり、中でも『都天寶照経』中篇巻四に「天有三奇地六儀,天有九星地九宮,十二地支天干十,幹屬陽兮支屬陰」「蓋奇門主地;從洛書來,與地理卦,同出一原」とあり、玄空派の風水理論が奇門遁甲を「主地」として発展したものとわかる。また「天有九星地九宮」とあることから、當時から奇門遁甲には「九星」と「九宮」が使われていた。

0 结果0 结果